アクエリアス時代の新しい眠り

記事一覧

78. 一人ひとりの存在が、世界に影響を与える (2015/05/01)

先日、1926年創刊の寝具・寝装品の専門紙
『寝装リビングタイムズ』を発行していた会社が解散し、
90年の歴史に幕を閉じました。


私は3年前から、こちらでコラムを連載していたので、
知らせを聞いたときは本当に驚きました。


いろいろな出来事が重なって、突然の解散となった
わけですが、驚きつつも、時代の転換期の今は、
このような変化はもっと起きてくるだろうと思いました。


働き方も、家族の形態も、教育も、これまで常識と
思われていたことが、どんどん変化していくでしょう。


新しいアクエリアス時代に必要なのは、
全体を捕えながら、個人の行動に落とし込んでいく
力です。


たとえば、食べ物を余らせて捨てている国がある一方、
4秒に一人が飢餓で亡くなっている現実があります。


食糧が必要な国や場所に適切に運ばれて、
すべての人が満たされていることを願いながら、
「TABLE FOR TWO」の健康定食をオーダーする。


そんな行動が、アクエリアス時代にマッチした
新しい世界を創ります。


アクエリアス時代は、すべての人たちに
適切な住まいと教育、食べ物が行き渡る、
豊かな世界だと言われています。


困っている人がいたら、支え合うのが当たり前の
世界。もう一人でがんばる必要はありません。


一人でも多くの人が、そこに向かって行動し始め、
ティッピングポイントを超えたとき、世界は一気に
変わります。


ティッピングポイントとは、それまで小さく変化
していたある物事が、突然急激に変化する時点を
意味する言葉で、臨界点や閾値と言い換えられる
こともあります。


世界がトランスフォームするティッピングポイントは、
かなり近づいていると言われています。


「一は全体であり、全体は一である」
という概念があるように、一人ひとりの存在が、
世界に影響を与えているのです。


このことを、先日、友人と話をしていたときに、
私はハッとしました。


最近、自分自身を振り返ってみたとき、
あまりの忙しさに、不規則で短い睡眠が続いて
いたからです。


先月は、月の半分は出張というハードスケジュールで、
目の前の仕事をこなすために、睡眠を犠牲にして
いました。


「眠りを大切にしましょう」と、他の人に言っている
私なのに、恥ずかしながら、自分の睡眠は粗末な
ものでした。


そしてこの時に気がついたのです。


自分自身が健康であることが、世界の健康を創りだす
のだということを。


私の人生が、この肉体の範囲で完結していると思えば、
自分の健康は後回しにして、頑張りすぎてしまいます。


でも、この私が世界に影響を与えていると思ったら、
自然に行動が変わりました。


この日は11時に就寝し、自分の健康と世界の
健康を願いながら、朝7時までしっかり眠りました。


あなたがぐっすり眠って健康であることが、
世界の健康につながっている。
そう意識して、眠りについてみてください。