アクエリアス時代の新しい眠り

記事一覧

14. まっすぐに眠る (2010/01/01)

私はときどき、こんな質問を受けることがあります。
「あお向け、横向き、うつ伏せ、どんな姿勢で眠るのが一番よいのでしょうか?」

例えば、日野原重明先生が推奨しているのが「うつぶせ寝」。舌が気道をふさがないので、イビキ予防にいいうえに、呼吸量が増えるので、病気の治癒が早いといいます。ただし、首がやわらかくないと痛めることもあるので、注意も必要です。

「呼吸量や腰への負担を考えると、あお向けではなく、うつぶせか横向きがいいのではないか。人間以外の動物は皆そうである」という意見を持つ先生もいます。

これらの考えを否定するつもりはありませんが、私は、あお向けでまっすぐ寝られることは、健康な証しではないかと考えています。

あお向けでも気道が確保できる筋力があり、ぜい肉もついていない。腰にダメージがなく、あお向けで寝ても楽に眠れる。健康であればこそ可能な睡眠姿勢です。

もちろん、睡眠中は寝返りをしながら色々な姿勢をとりますから、眠り始めはあお向けであっても、睡眠中には横向きで眠っている時間もあります。それが自然なことです。

そして、もうひとつ私が思っていることは、まっすぐにあお向けで眠るのは、人間だけができる「進化した睡眠姿勢」だということです。

Esoteric Science(裏側の科学)では、地球上すべての形態の進化のプロセスをこう言っています。

【鉱物→植物→動物→人間→ハイアラーキー】

人間をマスターした先にある存在としてのハイアラーキーに向かって、私たちは進化し続けているのだそうです。

人間が進化していく過程の中で必要なのは、思言行(しげんこう/思い・言葉・行動)が一致していくこと。
人間は、思っていることと、言っていること、やっていることが、得てして一貫していないものです。

整然とした宇宙の中の一員としてアラインメント(整列)をつくりだす、そのひとつのあり方が、あお向けでまっすぐに眠る姿勢ではないかと思っています。意識を拡大させながら、宇宙とつながっていくことで、宇宙のエネルギーをストレートに充電できるのではないかと感じます。

眠りに入るときには、あお向けでまっすぐに。

深く深呼吸をしながら、全身の力を抜きましょう。腕の重み、脚の重み、全身の重みを感じましょう。
そして、自分の体が光で満たされていくのをイメージし、その光はグングン勢いよく広がっていきます。

自分が宇宙と一体であったとき、目覚めの爽やかさと、身体の軽さ、クリアーな思考を体験することでしょう。