アクエリアス時代の新しい眠り

記事一覧

116. 精神的な豊かさを体験する (2018/07/01)

最近、講演や研修が続いていて、全国を飛び回っています。
先日は関西で、ある製造業の労働組合主催で招かれ、
睡眠についての講演をしました。


講演の流れは、今、注目度が高い「睡眠負債」から始まり、
眠るメリット・眠らないデメリット、睡眠のメカニズム、
深い眠りを得る基本ルールや、枕の選び方などを
実演を交えてレクチャーしていきました。


そして最後に、今、睡眠が注目されている時代背景として、
地球は「うお座」から「アクエリアス(みずがめ座)」時代への
転換期であることを伝えました。これは私たちが
現代を生きるうえで、根源的な道標になるからです。

<参照>
『うお座からアクエリアスの時代へ』 
『アクエリアス時代は “希望”の時代』


これまで約2000年間続いてきた うお座時代は、
物質的に進化し、マスターすることが1つのテーマでした。


人々の意識は自分の外側に向いていて、家や車、彼氏や彼女など、
外側にある物質的なものに、幸せや豊かさを求めてきました。


物質性をマスターしてきた私たちが次に向かうのは、
精神的な豊かさです。「夜の睡眠」を「昼の活動」と同様に
価値があるものとして大切にできるマインドは、
精神的な豊かさの一つの現れだと思います。


「成長のために眠る自分である」
「明日のために眠る自分である」


眠りにつくときは、そう意識して快眠を目指しましょう!
そんな話をして講演を終えました。


終盤に向かうにつれて会場は熱気を帯びて、
場にエネルギーの循環が起きていました。


今回の講演を企画した労働組合の方が、少し高揚しながら、
講演後の控室でこんな話をしてくれました。


実は今、組合のスローガンは
「物質的な豊かさから、精神的な豊かさへ」
なんです。宇宙的な背景と一致していたことに、
驚きました、と。


私にとっても嬉しい驚きで、素晴らしい体験の機会を
いただいたことに、感謝と歓びが沸き上がってきました。


そして、人がお互いハートを開いて肯定的に存在している、
そのことを体験してることを認識している、
それが精神的な豊かさなのだと思いました。


私たちは外側に意識を向けるクセがあるので、
その意識を自分に戻すのが、精神的な豊かさを自分に与える
ポイントの一つです。


高校生の娘を持つ50代の友人の男性が、 
仕事で疲れた顔をしていたときに、娘に言われた
エピソードを話してくれたことがあります。


「パパ、毎日つまんなそうな顔をしているね。
 私はいつも、楽しいことを探してるよ」

その娘の言葉を聞いて、ハッとしたんだ。仕事に追われていて、
それに対処するだけで精一杯だったけど、そんな中でも、
楽しいことを探してみようと思ったよ、と。


楽しく思えないときでも、そのネガティブな感情に蓋をせず、
その今ある感情を誠実に扱い、エネルギーを自分に戻すこと(Be)が、
大切です。


A「あぁ、今、シンドイなぁ」
B「あぁ、今、シンドイって感じている自分が、ここにいるなぁ」


AとBの違い、わかりますか?
Aは、外側にあるシンドイことに対してエネルギーを
注いでいるので、自分のエネルギーは枯渇していきます。


Bは、シンドイことに向けて注いだエネルギーを、
自分に戻しています。すると自分はエネルギーで満たされます。


究極の精神的な豊かさとは、まわりの状況や環境がどうであっても、
エネルギーで満たされいる自分、パワーのある自分が存在すること
だと思います。


私も不満や文句が出てくる出来事があると、外側にエネルギーを
投げることもありますが、その自分をキャッチしたら、
エネルギーを自分に戻す、という練習をしています。


眠りにつくときも、
「明日のために眠る自分である(Be)」と、
自分にエネルギーを戻して、精神的な豊かさを体験する機会を
自分に与えてみてください。