アクエリアス時代の新しい眠り

記事一覧

108. キャンドルの炎が心を静める (2017/11/01)

先日、取材でお会いした女性から、こんな言葉を聞きました。
「お風呂でキャンドルを眺めていると、すごく癒されます」と。


私はとても興味をもちました。
いつもは浴室の照明をつけないで、
ドア越しの脱衣所の控えめな灯りで入浴しているので、
さらに暗いキャンドルだけの入浴はよさそうに思いました。


早速デパートで購入し、リビングで灯をつけてみると、
キャンドルの炎のゆらめきを見ているだけで、
心が静まっていくのがわかりました。


そしてバスルームでも使ってみると、とってもいい!
お風呂の温熱作用と浮力作用が加わり、リラックスの
相乗効果を感じました。


キャンドルがリラックスをもたらす理由の一つ目は、
炎のゆらめきにあります。


専門的には「1/f(エフブンノイチ)ゆらぎ」と呼ばれるもので、
波の音や川のせせらぎ、虫の音、雨の音、そよ風、星の瞬きなど、
適度な意外性と規則性がバランスよく調和したゆらぎのことです。
これが人に快適性や癒しを与えると言われています。


人間の生体リズム(体温変化、心拍、目の動きなど)も
「1/fゆらぎ」を持つため、同じリズムを持つ
炎のゆらぎに共振して、心地よく安らげるのでしょう。


リラックスをもたらす二つ目の理由は、温かみのある色と
ほのかな明るさです。


人間の体は、灯りの色や明るさに反応して、
リラックスしたり活動的になったりします。


色は色温度で表され、ケルビンという単位を使います。
赤っぽい暖色(電球色)の色温度は低く、
副交感神経を働かせ人をリラックスに導きます。


青っぽい寒色(蛍光色)の色温度は高く、
交感神経を刺激して活動モードに導きます。


灯りには明るさ(照度)もあって、
これはルクスという単位を使います。
照度が低いほうがリラックスでき、
キャンドルの照度は10ルクス程度です。


照度と色温度がともに低く、1/fゆらぎもある
キャンドルは、視覚からリラックスを導く
最高のアイテムではないでしょうか。


入浴しながらキャンドルを眺めていて気づいたのは、
自然にマインドフルネス状態になっていることでした。


「今、ここ」に意識を集中していると、
思考が鎮まって頭が静かになり、五感が敏感になっていきます。


以前イギリスに住んでいた時、
暖炉の炎をずっと眺めていても飽きませんでした。
キャンプファイヤーの炎でも、同じ体験を思い出しませんか?
1/fゆらぎがあると、意識を集中しやすいのだと思います。


いつも頭がいろいろな思考で騒がしい現代の生活の中で、
意図的に頭の静けさを自分にプレゼントすることは、
最高の癒しの時間。


さらに先日、夕食のときに照明を消して、
キャンドル一つを灯したところ、
食事の匂いや舌ざわり、箸や器に触れる皮膚感覚が
敏感になっていました。


周りが真っ暗で、視覚の働きが弱くなると、
ほかの感覚器官の働きが際立ち、
マインドフルネス状態になって、とても癒されました。


視覚も目の前に見えるものだけに自然に集中するので、
お箸で持ち上げた白菜の向こうにキャンドルの炎が
ゆらめいたのを見たとき、とても幻想的で感動しました。


その体験の後は、照明をつけようと思わなかったので、
キャンドルだけで過ごし、心穏やかに早めに就寝しました。
もちろんスマホを触ることもありませんでした。


昼は集中して仕事に励み、夜になったらキャンドルで
スローダウンする。
一日中、交感神経がフル稼働しがちな現代の私たちに必要な、
豊かな過ごし方だと思います。


やってみたくなりませんか?


キャンドルの器は、透明の耐熱ガラス製がおすすめです。
どの角度からでも炎を眺められますから。


お気に入りのキャンドルを見つけるところから、
始めてみてくださいね。