アクエリアス時代の新しい眠り

記事一覧

104. “睡眠負債”は “うお座の負債” (2017/07/01)

先日、NHKスペシャルで「睡眠負債が危ない」という
番組が放送されました。


睡眠負債とは睡眠不足の蓄積のことを言います。
わずかな睡眠不足でも、まるで借金のように
積み重なっていくのが睡眠負債。


例えば、本来7時間の睡眠を必要としている人が、
6時間睡眠を続けていると、
1週間で7時間の睡眠負債がたまります。


本人が睡眠不足の自覚がないのが、
睡眠負債の怖いところ。仕事の生産性が低下するだけでなく、
さまざまな病気のリスクが高まることもわかっています。


番組では、実際に睡眠負債がたまっている認識が
ない人たちに、ある実験を行いました。

・金曜の夜に
・時間の手がかりのない部屋で
 (部屋は真っ暗、時計・スマホ・テレビなし)
・自然に目覚めるまで眠る


こうして普段の睡眠時間とのギャップをみると、
普段の睡眠時間が6.5時間の人が10.5時間眠ったり、
5.5時間→8時間、6時間→10時間など、
大幅に増えた人たちが続出したのです。


最適な睡眠時間は年齢差や個人差もありますが、
働き盛りの成人の多くは7~8時間です。
(加齢とともに、もっと短くなる人もいます)


これを現代社会で実現するには厳しい内容だっただけに、
ネット上には、あきらめの声があふれました。


「睡眠負債なんて言われたって、物理的に5時間睡眠が限界」
「朝6時の電車でラッシュ状態なのだから、みんな睡眠不足なのも当然」
「ぶっちゃけ難易度高すぎ」
「いま過労死するような仕事環境だから、番組観てイライラしている」


私も番組を見ていて、これは個人の努力で解決できることではなく、
社会を変えることが先決だと思いました。


今、私たちが生活している、この社会の仕組みは、
これまで約2000年間続いた「うお座の時代」に
構築されたものです。うお座時代は、物質性をマスター
することがテーマの一つだったので、モノを生産することで
企業は売上を伸ばし、売上を伸ばせば伸ばすほど
評価されました。


つまりお金を儲けることが重要で、そのために
私たちは睡眠時間を削って、必死に働いてきたのです。


でもよく考えてみてください。
人生の大切な側面である睡眠を削ることで、
私たちは本当の幸せを得たのでしょうか。
睡眠負債は「うお座型社会の負債」といえるでしょう。


今、地球に入ってきているエネルギーは、
格差社会を作った「うお座エネルギー」から、
分かち合いがキーワードとなる「アクエリアスエネルギー」に、
変わり始めています。

 ≫ 時代背景はこちら


新しく入ってきたエネルギーに、殆どの人たちは内的反応しているのに、
政治や経済や教育など社会の仕組みが、古いうお座型のままなので、
今、私たちには葛藤があり、苦しいのです。


分かち合いを体現した「ベーシックインカム制度」が
導入されたらどうでしょう。最低限度の生活ができる現金を
国民一人一人に給付するという、世界的に注目されている
政策構想です。

 ≫ 詳しくはこちら


このアクエリアス時代にマッチした社会保障制度が実現すれば、
仕事はお金を稼ぐ手段ではなくなり、自己表現の機会になります。


ベーシックインカム支持者のホリエモンは、
「自分がやりたい仕事を、お金を払ってする時代が来る」
とさえ言っています。


いい意味で、これまでの常識とはまったく違う社会に、
急速に変わっていくと、私も思っています。


ベーシックインカムによって労働意欲がなくなることを
危惧する声も見受けられますが、逆にいえば、
労働意欲が沸かない仕事は淘汰されていくでしょう。
過剰なモノやサービスがなくなっていけば、
環境問題の解決にもつながります。


物質的な豊かさを体験したうお座時代を経て、
精神的な豊かさを磨くのがアクエリアス時代です。


自分を大切にし、それと同じように人を思いやれるのが、
精神的な豊かさではないでしょうか。


そして、自分に心地いい選択をしていったら、
睡眠負債は自然に解消され、睡眠の質そのものも
変わっていくでしょう。


そんな社会が早く到来することを願いながら、
まずはスマホをいじっている時間に目を閉じて、
睡眠負債を少しずつ返済していきましょう。