アクエリアス時代の新しい眠り

記事一覧

10. 目覚めるための眠り (2009/09/01)

最近、日本の睡眠研究の先駆者、東京医科歯科大学名誉教授井上昌次郎先生の近著「眠る秘訣」(朝日新書)を読みました。

氾濫する睡眠情報に惑わされている人たちに向けて、睡眠の最も本質的・根源的なところから、科学的に睡眠とうまくつきあう秘訣について書かれています。

文中の、眠りの起源についての記述を読んだとき、私はとても感銘をうけました。

「私たちが生れてくる過程で、眠りはいつ・どこで・どのように芽生えるのか?」という問いに対して、その過程をたどっていくと、こうなるといいます。

まず、受精の瞬間には、睡眠も覚醒もありません。

活発に細胞分裂を重ねて、中枢神経や内臓ができて行く途中の胎児であっても、大脳が存在しないうちは睡眠も覚醒もないそうです。

私たちの生命活動は、睡眠も覚醒も「無」の状態から始まり、大脳ができてまずレム睡眠(胎児の場合は動睡眠と呼ぶ)が現れ、この眠りが大脳の機能を発達させて、意識を覚醒の状態へ導くのだといいます。

私たちは普通、覚醒の後に睡眠が続くと考えています。
覚醒中の活動によって疲れた結果、睡眠をとるのだと。

しかし起源をさかのぼると、睡眠が先にあって、その後に覚醒が続くのです。
まさに、目覚めるために眠りがあったのです!

ここを読んだとき、私が普段から考えていることと重なって、「すごい!」とうれしくなりました。

それが何かというと、「覚醒時にただ肉体が活動しているだけの状態が、人生に目覚めていると、言えるのだろうか? 」ということでした。

今の自分にあった睡眠をとり、昼間の活動と同じくらいに眠りを大切にし、眠りを通して自分自身を大切に扱っているあなたがいるとき、本当に「人生に目覚めている」のだと思っているからです。

夜の眠りが昼の活動に反映され、
   昼の活動が夜の眠りに反映される。

人生を成り立たせている永遠の繰り返しは、眠りから始まっているのです。